尿道炎の恐ろしさ

尿道炎というのは、感染した菌によっては、
それほど症状はひどくありません。
排尿するときの痛みも、あまり気にならないこともあります。
頻尿の症状も軽かったり、残尿感が軽かったりと、
トイレへ行ったあとの不快感もそれほどひどくないこともあります。
そして分泌される膿も少ないこともあります。

とはいっても、症状に気づいているにもかかわらず、
ほおって置くことはよくありません。

尿道炎にかかわらず、頻尿や残尿感があるにもかからわずほおっておいてはいけません。
尿に関することで何か普段と違う、どこか違う、
と感じたのであれば、
早いうちに病院を受診してドクターの診断を受けましょう。

細菌が、身体の入り口にとどまっているうちは、
まだまだ症状がましな状態だと思ってください。
そのまま放っておくと、身体の内部の方へどんどん細菌が侵入していってしまいます。
そして尿道から膀胱、さらには腎臓にまで細菌におかされてしまうことになります。

ノコギリヤシサプリの効果があるのはなに?